楽しく日記を続けたい人のためのグッズ選び

>

自分の日記スタイルを見つけよう

効果的な日記の書き方

日記のスタイルは人それぞれです。
日常の何気ないことを書く方もいれば、育児日記やダイエット日記など大切な記録を残すことに使っている方もいます。
ただ、それが効果的なものであるかどうかは書いている時にはわからないものです。
後日見返した時に知りたかったことが全く書かれていないなんてことがよくありますよね。
そんな時にしたいちょっとした工夫としては、後日に役立つかもしれないことを頭の片隅に入れておくことです。
日記を書き始めた時に、後で役立ちそうなことを少し頭に入れておいて、メモ書き程度でもいいので記入しておくといいと思います。

その時は忘れないつもりでも意外と忘れてしまうのが人間です。
せっかく日記をつけているのだから、一日の回顧の一つとして残しておくと便利かもしれません。

続けるためのコツ

少しでも日記を続けた方ならわかると思いますが、日記は意外と役に立ちます。
思い出す必要もないだろうと何も記さなかった日でも「あの日は何をしていたっけ?」と後になって思うことって頻繁にあるものなんです。
役立つとはわかっていながらも日々の生活に追われて日記を書くことを忘れてしまい、そのうち日記そのものを忘れてしまいます。
もし少しのコツをつかむだけで続けて書くことができたらいいですよね。
そこで簡単にできる日記を続けるコツについてお話します。

まずは、毎日濃密な内容を書こうと思うと続きません。
書きたいと思ったときにだけ書き、特に何もなかった日は一言二言だけでもいいので自身のペースを守りながら書くことが大切です。

あとは、お気に入りの日記帳を使うとかシールやカラフルなペンなどで装飾をするとか、何でもいいので自分のモチベーションが上がる書き方を見つける事も効果的ですのでぜひお試しください。


TOPへ戻る